初心者のための無修正サイト利用時の徹底解説 - はじめにお読みください
  • twitter_icon.png
  • RSS.png
  • メール

エログマニア-無修正サイト徹底解説-

> > 初心者のための無修正サイト利用時の徹底解説
02
2010

初心者のための無修正サイト利用時の徹底解説

まず最初に無修正動画をダウンロード購入する事について、不安をお持ちの方は多いと思います。
◆不安1 そもそも無修正は、違法ではないのかという疑問ですが、合法です。
そのカラクリは、
米国に設置しているサーバーから、直接無修正動画を配信する方式です。
ネット配信はコンテンツを保管しているサーバーを設置している国の法律が適用されます。
サーバーとは動画を保管する倉庫のようなものです。
これにより、元々ポルノ映像にモザイクをかけないアメリカの法律が適用されて、発信側・受信側ともに日本の法に触れない(取り締まり不可能)と言う事になり、日本でも合法となります。
そういう理由で、堂々と無修正動画を楽しむ事ができるのです。
例えると、無修正動画を米国から個人輸入するような感じです。
しかも空港や港で税関を通す訳ではないので審査を受けたり手続きなどの必要もありません。
個人で楽しむ為の物ですから、無修正動画を所持する事に法律上何の問題もありません。
ただしネット上に流したり、販売してしまうと、法に触れてしまうので絶対にしてはいけません。

◆不安2 カード決済は本当に安全か
支払いがドルでも、手続きは不要です。
クレジット会社の側で、自動的に米国ドルから日本円に切り替えて、請求が行われます。
決済時点の為替レートの関係で、金額は上下します。
クレジットカード会社の手数料として、利用金額の1.6%~2.0%の為替手数料が上乗せされます。
ドル決済の場合でも手数料は日本円に換算してから上乗せ計算されます。
例えば、月額会費が48㌦のサイトなら、1㌦=100円として、日本円で4,800円なので、
4,800円×2.0%=約96円となり、請求金額は、サイトの会費 + カード会社の手数料 = 総額4,896円となります。
※上記の計算はあくまでも一例です、決済会社により金額は変わります。

当サイトで紹介している無修正サイトを利用する際のクレジットカード情報は一般のショッピングサイトでも広く使われている、米国ベリサイン社が開発した暗号技術(デジタルID)を用いて安全に送信されますので、第三者にその情報が盗み見られる心配はありません。
カード情報入力時に『http://』から『https://』に変わっていれば、
SSL暗号技術が使われています。
SSL暗号技術についての解説
カード情報は米国DTIサービス社が保管しますので、アダルトサイトに情報が知られる事はありません。

◆決済方法
無修正サイトは、広告代理店に加盟しています。
『DTIサービス』という代理店に加盟しているアダルトサイトは業界最多かつ最大手です。
DTI加盟サイトを初めて利用する際は、『D2Pass』という共通のIDを取得する(無料)必要があります。
これにより、次回以降DTI加盟サイトを利用する際にカード情報など面倒な入力を省く事ができます。
Yahoo!や楽天のサービスを利用する際に共通のIDを取得するのと同じ仕組みです。
DTI系サイトの決済方法は、クレジットカードの他にVプリカが利用できます。

カード決済・電子マネー決済は、退会申請をしない限り自動で毎月継続会員として処理されますので、
次回更新日の一週間前までに退会処理をして下さい。
※30日会員なら、入会後31日目が更新日なので、24日目までに手続きを完了する必要があります。
入会案内画面の下の方に『退会フォーム』がありますので、そこから手続きができます。
退会しても、会員期限ぎりぎりまではサイトの利用が可能ですので、毎日しっかりダウンロードしないと損なので、忘れないように注意して下さい。
※入会した当日に退会手続きをしても料金の返金はされませんが、会員期間が終わるまでは毎日動画をダウンロードできます。
期限が過ぎると、自動的にダウンロードできなくなります。
退会手続きを忘れてしまう心配がある方は、この早めの退会手続きをオススメします。

レンタル屋さんで1枚数百円で借りるよりも絶対お得です!
しかも無修正す!!
最近は、多くの無修正サイトがハイビジョン作品を配信しています。
感動するくらい鮮明に【おまんこ】を堪能できます。
作品をダウンロードしなくても、会員期間中ならいつでも無修正AVを楽しめるストリーミング視聴もあります。
スマホやタブレットでの視聴も可能なので、時や場所を選ばず楽しめますよ。
という事で、興味のある方はぜひご検討ください。
関連記事

Tag: 押さえておきたいポイント!  |